資格取得と求人

希望業種に沿った資格

就職活動においては、少しでも自分のスキルや取り組みを評価されるために何らかの資格を持っているとよいとされています。もちろん、業種や職種においては圧倒的に有利になるのが資格ですが、ただ持っていればいいというものではありません。自分の希望する業種・職種とはかけ離れた資格を持っていても、取り組みや頑張りが評価されることは考えられますがそれが直接役に立つわけではなく、宝の持ち腐れになる可能性は否めません。

例えば、就職活動におけるマニュアルでは履歴書の資格欄は何か埋めた方が有利とよく言われています。それが自動二輪免許やそろばんの級数に至るまで、あれば書けと言われた方も多いのではないでしょうか。確かにこれらはあって不利なものでは決してありませんが、逆に一部の業種を除いて別段役に立つものでもない場合、わざわざ書くのもためらわれるものです。

しかし、資格を所有していてそれが自分の希望業種と求人の条件に明らかに有益なものであれば胸を張ってアピールすべきですし、資格は本来使うためにあるものです。ゆえに、希望業種に即した資格を取得していればそれは明らかな武器であり、他のライバルより抜きんでる要素には十二分になり得ます。そのため、無駄な資格集めに興じるより目指す業種に焦点を定めたピンポイントの資格取得を目指すべきです。

企業の求人においてどのような資格がどういった業種に求められ、またどの資格取得者の需要がより高いのか、それを知ることで回り道をせずに就職活動を進めることができます。

Copyright © 2013 資格取得と求人 All Rights Reserved.