アトピー治療に必要なものは根気

私自身現在アトピーで悩まされている27歳男性です。
アトピーは子供のころ一度発症し、一旦は治まったのですが、社会人になって20代前半頃から再発し、現在も治療中です。ステロイドも一番強いものを使用していますし、飲み薬も色々試している途中ですが、いくつかアドバイスできることがあるかと思いますので紹介させていただきます。

ステロイドなどの薬はあくまでも対処療法

まず薬はあくまでも対処療法という点ついてですが、ステロイド剤や痒み止めの薬事態はアトピーを完治させるものではありません。あくまでも対処療法でしかないのです。そのため、ある程度症状を抑えることはできていても完治させるためにはそれ以外にも気を付けていく必要があります。しかし、アトピーには乾燥が大敵ですので、保湿剤の必要性はアトピーを治していく過程では大切なものなのかもしれないです。
薬に頼りすぎているとステロイド剤は特に副作用も強いため、なるべく弱めのもので抑えられるのであれば、それに越したことはございません。また、飲み薬にも眠気などの副作用が出てしまうため、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があります。私自身、学生時代に飲み薬の副作用で朝起きるのがつらく、学校へ行くことも困難な時期がありました。

アトピー患者が生活習慣で気をつけること

次に、普段の生活で気を付けることについては、まずアトピー持ちの人はほかにも何かしらアレルギーを持っているかと思います。簡単に対処できるものであればいいのですが、ストレスなどの日常生活には避けて通れないものもあるかと思いますので、そのようなものは普段の生活でいかにストレスを発散できるかが大切になってくるかと思います。そして、室内環境も大切な要素の一つです。ハウスダストもアレルギー反応として表れやすいものですので、室内をきちんと掃除し清潔にすることや、空気清浄機などを設置するなどの対策が必要になってくるかと思います。また、先に述べた通り、感想もアトピーには大敵ですので、冬場の乾燥する時期は保湿剤のみではなく、加湿器などを使用して最適な湿度を保つようにしましょう。

アトピー体質を改善するために

 次の体質改善ですが、私の場合は体を動かして体力をつけることをまずははじめました。そこまできついものではなくて良いと思いますし、私は週に一度バドミントンをしていた程度ですが、それで多少ではあるかもしれませんが、体力がつき、症状が緩和してきたのかもしれません。
それ以外に試したものは、漢方薬です。漢方にも体質を改善する効果はありますし、持続することによって効果が表れるものなので、時間がかかり人それぞれ合う合わないがありますのでそちらに関しては、一度漢方の専門家と相談される方がいいでしょう。
子供の頃だったので、どの漢方を飲んでいたのかは忘れてしましましたが、とても苦く飲みづらかった思い出がありますが、そこはりんご酢と一緒に飲むなど工夫をすることによって多少飲みやすくなるかと思うのでぜひ試してみてください。

アトピーと立ち向かうことの大切さ

 次はのアトピーと立ち向かうことの大切さについてですが、先に述べた通りアトピーを悪化させないためにはいろいろと必要なことが多く存在します。そのため、苦労することはたくさんあるかと思いますが、あきらめずにすこしずつでも努力をしていくことにより完治まではいかなくても改善するものです。大人になってからでは体質改善もなかなか難しく、今では仕事によるストレスに悩まされた結果悪化していく一方ですが、これ以上悪化させないためにも自分自身いろいろと試行錯誤しているところです。自分自身でどうにかしようとしても治るものでもないかと思いますので、家族のサポートも大切ですし、本人の努力次第でよくなっていくかと思います。今は辛いかもしれませんが、必ず良くなりその結果頑張っていこうという気にもなるかと思いますので、あきらめずに地道にでもいいのでやれることをしていくことが大切です。
することは多いかもしれませんが、一つ一つはそれほど難しいものでもないですし、自分のやりたいことをやりストレスを発散していくことが一番大切だと思うので、家族の理解があってこその完治への道かと思います。

アトピーの最大の敵「ストレス」

 最後にこれからの生活については、やはりなるべくいろいろ試していくことが一番かと思います。それが悪い結果になったとしても、まだ改善策は多く存在しますし、日々医療は進化していっているのでアトピーは治らない病気ではないはずです。アトピーに悩まされている人は少なくはないですし、いろいろな人のアドバイスが聞けるかと思いますので、そういった人の話にも耳を傾け、結果自分に合った対策方法が見つかることを願っています。全体的にはやはり日常生活の改善はまず誰にでもいえることだと思いますし、これから就職して仕事をしていかなければならなくなった場合は職場の人たちの理解が大切になってきます。
アトピーは現代病の一つだと考えられますし、それは現在の日本がストレス社会であることの象徴なのかと思います。つまりは、アトピーを改善できる世の中になることは現代の日本を変えていけるものなのかもしれないと勝手に思っています。そして、これからの世の中を背負っていくのは私たち若者なので、なるべくストレスの少ない世の中にしていけるように自分自身いろいろと頑張っていきますので、今アトピーで悩んでいる方が悪いわけではないことをきちんと理解していただき、なるべくストレスフリーの社会にしていけるようにできればと思っています。

アトピー治療で思うこと

全体をまとめると、アトピーを治していくことは一人では難しいということがまず第一に挙げられます。お子様がアトピーで悩んでいるのであれば家族のサポートが必要ですし、若いうちであれば体質改善もある程度容易にできるので治る可能性も高いです。
その点大人になり、社会人として生活している方は職場のサポートであったり、一人暮らしをしている方はなるべく部屋を清潔にすることが大切になってきます。ストレス社会に飲まれてしまうと、アトピーの悪化だけではなく精神疾患の恐れも出てきますので、必ずストレスを発散できることを見つけて、実践していくことが大切です。それはなるべく体を動かして体力をつけることが一番ですし、漢方薬での体質改善も一つの手だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です